上七軒 わんいん屋おおきに
上七軒わんいん屋おおきに

京都の小さな路地の奥、

生甘酒の感動あり

上七軒わんいん屋おおきに上七軒わんいん屋おおきに
上七軒 わんいん屋おおきに
上七軒わんいん屋おおきに

京都の小さな路地の奥、

生甘酒の感動あり

上七軒わんいん屋おおきに上七軒わんいん屋おおきに

わいん屋おおきにNEWS

観測史上最速の京都の桜

こんにちは、わいん屋おおきにです。

今日の京都はくもり時々雨ですが観測史上最速でソメイヨシノの桜の開花宣言されました。

緊急事態宣言は解除されましたがまだまだ油断は禁物で気を引き締めて営業しております。

桜がきれいに満開になる頃には当店の新店舗も北野天満宮東門近くにオープン予定です。

まずは明日の保健所の立ち合いの検査をクリアしないと営業もできませんが・・・。

食に携わる者として衛生管理の徹底はもちろんお客様に「よし、明日も頑張ろう!」と

生甘酒を通じて出来ることからコツコツ進めて参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

いちご

通販再開のお知らせ

日に日にぽかぽか陽気で春らしい日が続いていますね。
あまりの天気の良さに店主は仕事を休んでお散歩したいと葛藤しています。
 
当店のいちご甘酒ですがネット販売の方を中止しておりましたが、25日から再開させて頂きます。
お待ちのお客様、ご迷惑をお掛けいたしますがもうしばらくお待ちください。
いちご生甘酒

「ワインの様にテロワールを感じるイチゴ生甘酒造りを目指します」

2月に入り当店のいちご生甘酒も旬の美味しい時期を迎えました。
お客様から「思ってた以上に美味しいですがなぜこんなに美味しいのですか?」と言われますが当店のいちご生甘酒には加工用イチゴではなくそのまま食べて美味しいフレッシュなイチゴを使用しています。
 
いちごはとてもデリケートで少しでも当たると自分の果肉の重みでその部分が痛み、せっかくの農家さんが丁寧に育ててくれた本来のポテンシャルを発揮できません。
 
当店では一つ一つ目で確認して痛みがある部分を選定して作っています。もちろん毎年季節に合わせて産地も桜前線のように南から北へ変わってきます。産地により仕上がりが違うので2月に作ったものと4月に作ったものでは色味や味わいも変化し、生産農家さんによっての味わいの特徴もあります。そのため単一のいちごで作るときや数種類のイチゴをワインの様にブレンドして作る時もあります。
 
そのため「甘み」、「酸味」のバランスがとてもよくワイングラスに注ぐとより「香り」も楽しめる生甘酒となっております。
 
いつもは紙コップでのご提供ですが香りを楽しみたいご希望のお客様にはテイスティンググラスでのご提供も致しますのでお申し付けください。
 
これからも生甘酒であなたの毎日をサポートいたします。いちご生甘酒

ネット配信放送のお知らせ

「ネット配信放送のお知らせ」
 
路地だらけのネット配信番組
「路地tv2021」に取り上げて頂きました。
 
放送日時 1月16日(土)10時~17時
特設サイト https://www.tv.roji-cul.net
 
youtubeLiveにて視聴ですますので、
路地が大好きな方や、コロナ終息後穴場スポットを
巡りたい方はぜひご覧くださいませ。路地tv2021
生甘酒

「年末のご挨拶」

今年は今までとは違う多くの体験をした一年でした。
一番の出来事はクラウドファンディングに挑戦したこと。
お客様、金融機関など皆様の支援を通じてなんとか年の瀬を迎える事ができました。
皆さま良いお年をお迎えください。
元旦から営業致しますので北野天満宮の参拝で冷えた体や、
年末年始の飲食での体調を当店の生甘酒やKoujiLifeにてメンテナンスしてみてはいかかでしょうか?

生甘酒であなたの毎日を
サポートします

慌しくても忙しくても大切にしたい「朝ごはん」。
ちゃんと栄養を取って充実した一日を過ごしたいけど
つい自分の食事はおろそかになりがち。

「ほんとはちゃんとした食生活をしたいけど・・・」
「時間がないからとりあえず・・・」
「また後で・・・」

そう考えて手軽で身近なもので済ませてしまうことも少なくないでしょう。

私たちが作る生甘酒は、そんな多忙な毎日を送るあなたの身体の中から応援します。

私たち製造者が大事にするのは発酵食品の一つである甘酒の「麹、糀」の声をしっかり聞いて、自分自身や大切な人が安心して口にできる物をお届けする事。

そして生甘酒を飲み続けるお客様に
「最近、肌の調子やお通じがよくなった」
「朝から一日頑張れそう!」
と笑顔になってもらえることが最大の喜びです。

日本生まれのスーパーフード、「発酵食品」を毎日の生活に取り入れてエネルギーをチャージし、カラダをいたわってあげませんか?

北野天満宮のおひざもとの小さな路地奥にて、
皆さまのお越しをお待ちしております。